Instagram

■改めてお知らせ

かねてからご案内しております通り、当店が現在の聖護院で営業するのは今年の12月2日までの予定です。
それ以降は神戸の地で新しい場所を作るため、長めのお休みをしばらく頂きます。

◎残りの常設営業日:11/11、15、16、17、18

※11/19-22は京都最終展「手の気配」準備のためお休み
※11/23-12/2は移転前京都最終展覧会「手の気配」開催

詳しいことはまだ何も決まっていませんが、来夏7月には展覧会を行う予定です。
遅くても次の夏には山と海に挟まれた神戸の街で皆さんとお会いできるように動いております。
小旅行気分で新しい場所へもお越し頂けることを楽しみにしています。

◇十一月の催し

Img_fef67ac45195a89d34afeecf7a905da8
Img_89ba5f68b1e18fca8515e1eb0bd05206

テノナル工藝百職 移転前最終展示
手の気配
2019/11/23(土・祝)-12/2(月)
11:00-18:00
◎最終日12/2(月)のみ17:00で終了


※展示期間中は11/27(水)のみお休み
※11/19(火)-22(金)は展示準備のためお休み



テノナル工藝百職は本展覧会をもちまして、
ここ京都の聖護院から神戸へ移転する運びとなっています。
この文章を書いている時点では詳しい移転先が未定で、
まだここで何も伝えることができないのですが、
どうかまた別の形でお知らせさせてください。

さて今回の展覧会のことを少し。
ふだんから緻密に企画を立てるほうではありませんが、
でも困らないくらいの道しるべを立てるようにはしています。
京都の店で開催する最後の展だからといって、
すごく凝ったものにするとか、イベントを盛り込むなどの
華やかなイメージがあまり浮かんできませんでした。
できたらいつもの延長線上に、淡々と、よい時間が流れる展覧会にしたいということ。
あまり特別なテーマは設けずのびのびと、
つくり手の皆さんが今届けたいと感じている定番ものでも新しいものでも、
瑞々しい鮮度を、使う皆さんに感じて頂けたら嬉しいと。

今回の皆さんは、陶芸、磁器、染織、竹、箒と
多岐に渡ったつくり手の方々にお願いをしました。
暮らしの中の、いろいろなものを見て頂きたい、
いろいろな入り口をくぐってみてもらいたくて。
そして、どの方も何かを強く打ち出そうというのではなく、
自ずから静かに空気の中に染み出してくるようなものづくりに、
私自身ほっとさせられるのです。
その人となりが時折ふと気配のようにそばに在ってくれるくらいが、
生活に溶け込む道具としては
ぴったりと気持ちよい響きを生み出してくれるように感じます。
つくり手の、その人の手の気配が、ある時に立ち昇ってくるもの。

ほんの一握りではありますが、
今まで百職でご紹介させて頂いてきたつくり手の皆さんの作品を、
まっさらな気持ちでお届けいたします。
季節は晩秋から冬のはじまりへ。
あたたかくも清清しい気持ちで、今までの感謝とともに手から手へお渡しできたら。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

お礼とごあいさつ、旅立ちのお知らせ

Img_74fe8ddf3d2ccbc77b54f522364374ed
皆さま、いつも当店をご愛顧くださり本当にありがとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願いします。

さてひとつ大切なお知らせがございます。
2019年12月をもって、テノナル工藝百職は京都から旅立ちます。
ここを離れ、新しく目指す次なる百職の場所は、
瀟洒で爽やかな佇まいを見せながらも、
海街と豊かな山々の自然にも恵まれた地・神戸。
時期や場所の詳細は現段階では未定のため、
追ってお知らせして参ります。

一般的に詳しいことが決まっていない段階で発表するのは
あまりないことだと思いますが、
ここで育んできた10年ほどの時間を思い、
いつも親しんでくださってきた皆さんとの
京都での時間、御礼とおわかれを、
2019年の一年間をかけて心をこめてさせて頂きたく、
早々にお知らせさせて頂きました。

7月で丸10年目を迎えるのと同時に11年目へと突入します。

新しく生まながらも、日々や暮らしは地層のように積み重なっていきます。
吹きこむ爽やかな風から、普遍や不変は生まれ出でます。

つくり手と使い手。手と手をつないで広がりゆく輪。
何気ない日常性と温かさの宿る美しいものづくりを、
これからも淡々と心を込めてお届けできるように。


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職

■当店は通販不可とさせて頂いています

誠に申し訳ありませんが当店は基本的には通販不可とさせて頂いております。
入荷した商品は店頭販売のみとしております。

当店まで中々足を運ぶことが難しいというお客様には大変心苦しく本当に申し訳ありませんが、手仕事のうつわや道具ということで入荷数がかなり限られております。
実際にお手に取ってお選び頂けるお客様を優先してお品をご用意するのが、今出来る精一杯となっております。
どうかその点ご理解頂けますよう謹んでお願い申し上げます。

※一部の受注作品につきましては、お振込払い/配送での対応をさせて頂いております。