Instagram

◇六月の催し

Img_2e1379450a5972a58785a4f78a6a8b68
Img_2e4ba01478ae96090043dac725d7ec12
Img_11598cae68e31007c0dd993156f81c97
「近藤康弘陶展」
6/16(土)-24(日)
11:00-18:00
◎最終日6/24(日)のみ17:00で終了

※展示期間中は6/20(水)のみお休み
※6/12(火)-15(金)は展示準備のためお休み
※展示片付けのため6/25(月)–28(木)はお休み


栃木県益子町で作陶される、近藤康弘さん。
2015年以来、およそ三年ぶりの百職での個展です。

無欲の強欲―。
この言葉が出たのは、撮影用の作品を送ってもらってから電話で話している時です。

慰労会の際に何を召し上がりたいかと近藤さんに訊ねると、
「味にうるさいわけでもないし、食に特別なこだわりがあるわけでもないけど、
だからと言ってなんでもいいわけでもないっていう厄介なところもあるんですよねえ」
と笑いながら仰るので、
「そういうのが一番性質が悪いんですよ」と少し呆れながら嗜めると、
「そう、だから俺、昔、ある人に無欲の強欲って言われたことがあるんですよ」
と、満更でもないような口ぶりで近藤さんは嬉しそうに語るのでした。
そして今回、百職での約三年ぶりの個展ということで、
何か特別に力を入れている作品だったり、心に期するものはありますかと訊ねると、
「いえ、格別にこのアイテムがとかはなく、ただ三年経った今、
自分そのものがどう変化してこられたのかを見せることが出来ればと」と言ってから、
続けてすぐに
「あ、これこそまさに無欲の強欲ってやつかもしれないですね」と。

…まさにその通り。
いかにも何気ない顔をしながら裏を返せばすべての作品が、言わば勝負球ということ。
多少補足するとすれば、
陶芸の道に入った時から憧れていた薪窯での作品づくりにも
これからは本格的に腰を据えて取り組みたいとのことで、
今回の展示作品にも少し薪窯の仕事のものも入ってくるようです。

これまでと変わらず、暮らしの中で当たり前のように使える、
ふだんの家庭料理を支える頼もしいうつわを作る仕事。

ただ、そのなんでもない普遍性というやつこそが、もっとも手強く、とんでもなく難しく、
しかしその制作にこそ、無欲の強欲を燃やす近藤さんの熱は向けられており、
それはこれからも淡々と静かに燃え続けるようです。

近藤康弘さんの仕事が結集した久々のうつわ展、
ぜひたくさんの皆さまにご覧になって頂けましたら幸いです。

■お知らせ 直近の休業日、営業時間変更など

直近休業日
5/15火~18金、22火~25金

※営業時間変更日
5/19土 11時半-‪17時半 営業


商品などへのお問合せメール等への対応、ご返信は定休日には行っておりません。
営業日に順次させて頂きますので、ご返信が遅くなる場合もありますので何卒ご了承ください。

■当店は通販不可とさせて頂いています

誠に申し訳ありませんが当店は基本的には通販不可とさせて頂いております。
入荷した商品は店頭販売のみとしております。

当店まで中々足を運ぶことが難しいというお客様には大変心苦しく本当に申し訳ありませんが、手仕事のうつわや道具ということで入荷数がかなり限られております。
実際にお手に取ってお選び頂けるお客様を優先してお品をご用意するのが、今出来る精一杯となっております。
どうかその点ご理解頂けますよう謹んでお願い申し上げます。

※一部の受注作品につきましては、お振込払い/配送での対応をさせて頂いております。

■テノナル工藝百職の定休日変更のお知らせ

いつもテノナル工藝百職へお運びくださる皆さま、本当にありがとうございます。
さて、大変勝手ながら、平成29年6月1日より、次のとおりに定休日を変更させて頂きます。

【変更後の定休日】火・水・木

なお、展覧会期間中につきましては基本的には水曜休廊となります。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂けますようよろしくお願い致します。
今後とも愛されるお店となれるよう誠心誠意努めて参ります。


平成29年5月
手しごとの器・道具 テノナル工藝百職